国引きジオパーク構想とはOUTLINE

~大地が生んだ国引き神話と人々の交流~

今から数千万年前、日本海が拡大した後に島根半島が隆起していきました。
また、縄文時代から弥生時代にかけて斐伊川や神戸川から流れ込んできた土砂は
島根半島にぶつかることで中国山地との間に広大な出雲平野を造り出すとともに、
宍道湖・中海という日本最大級の汽水域を形成しました。
そして、そこでは豊かな自然と多様な生態系に恵まれ、
人々の生活が営まれ、独特な文化・歴史が育まれてきました。
その文化の一つが、出雲に暮らす私たちにとってなじみの深い「国引き神話」です。
出雲の国を見て狭いと感じた八束水臣津野命は、「国来、国来」と言って
朝鮮半島や能登半島などから土地を引いてきてつなぎ合わせ、
島根半島をお造りになったとされています。
これは1400万年前に海底火山活動等で隆起した島根半島が巨大な防波堤となって、
縄文時代から出雲平野・宍道湖・中海低地帯の国土創成を促し、
豊かで安全な居住地域を形成しました。
そして海運の便に恵まれたこの地が
朝鮮半島や北陸一帯と人的・文化的交流を育んで
古代出雲が発展したことを感謝して
出雲風土記の冒頭に記載したものと考えられます。
古代の人々は目に見える風景を神話として今に伝えてくれているのです。
そして、私たちは今、目に見える風景をくにびきジオパークとして次代へ、
そして世界へ伝える取り組みを始めています。

立石の巨石(出雲市坂浦町) 宍道断層の動きにより誕生したものと思われます。古くから立石(たていわ)神社の御神体として祭られています。
権現山洞窟(松江市美保関町) 海水の浸食によりできた洞窟。海水面が下がったことで縄文時代後期~晩期に人が住居として暮らしていた証拠となる土器などが見つかっています。
来待石(松江市宍道町) 島根県を代表する石材のひとつで、日本地質学会により「県の石」に選定されました。約1500 万年~1400 万年前の凝灰質砂岩(火山灰を含んだ砂岩)です。石質が軟らかく、加工がしやすい特徴を持ちます。
韓竈神社(出雲市唐川町)  約1600 万年前の海底火山から噴出した流紋岩の山の中腹に社殿があります。付近にはかつて銅鉱山があったが、地下に銅や鉛があったのも海底火山による影響です。
多古の石柱(松江市島根町) 複雑な玄武岩溶岩流が変形し、侵食されたことにより作り出された造形です。
唯浦の直立層(出雲市美保町) 岩石の破片が堆積したれき岩と砂が堆積した砂岩が交互に重なった地層が直立している様子が観察できます。地層が直立になっているのは、島根半島に巨大な応力が加わったことの証明です。